高畑園の秘密(説明書)


1.茶園面積110a (やぶきた90a   山の息吹3a  おくひかり3a  べにふうき2a  在来種2a  サンルージュ2a)
2.経営形態 自園自製直販  
3.製茶機械 60k1ライン 

静岡県認定 エコファーマー 認定番号 第2050374号


直売(通信販売)をはじめた理由

私が、家を継ぐまで直売(通信販売)は、まったくしていませんでした。それまでは、近くの農協へ、すべてのお茶(荒茶)を出荷していました。
しかし私は、家族で力を合わせ栽培したお茶だから、直接お客さんに届けたい、自分の名前で販売したいと思い直売を始めました。
夜なべで妻とダイレクトメールを何百通も書き、見本茶入れて、いろいろなところへ宣伝しました。最初に注文下さったお客様のことは、今でも覚えています。そして購入したお客様が宣伝してくださったおかげで、少しずつ軌道にのってきました。本当にありがたいことです。


こだわり

自園自製
 
最近は、共同で製茶工場を持ち、収穫した茶葉をまとめて、大型機械で能率良く製茶をしている農家がほとんどです。しかし高畑園は、個人で小さな製茶工場を持っています。栽培したお茶を、品種別、品質別に細かく分け、小さな機械で手間暇掛け、お茶の製造をしています。時代遅れの声もありますが、最高のお茶をお客様へお届けするためです。また古い機械ばかりですが、以前製茶機メーカーに勤めていたこともあり、自分の感性に合った製茶が出来るよういろいろ改造しています。製茶機械を触っているときは、時間を忘れてしまいます。

 
レール式茶摘み機

熟練した技術で、1葉1葉丁寧に収穫する「手摘み」が最高の収穫方法ですが、近年では、摘んでくださる「お茶摘みさん」達が高齢化して、少なくなってきました。
「手摘み」のお茶は本当に価値あるお茶なんです。高畑園では「手摘み」の収穫とともに、最先端の「レール式茶摘み機」を導入しています。2本のレールの上を自走しながら収穫します。ミリ単位でレベル調整が出来ますので、思いのままの収穫が可能です。また短時間に収穫出来るため、葉の鮮度が落ちません。「手摘み」と変わらぬ良いお茶が収穫出来ます。  
 
土の健康診断 

品質の良いお茶は、土が健康でなくては絶対出来ません。しかし土の中はどうなっているのか見ただけでは解りません。そこで土を採取し科学的に成分を調べ数値化しています。その結果から、土の基礎体力、肥満度 バランスを調べます。人間も土も同じです。健康診断の結果から、食事(肥料)のメニューを考えます。
 

トップページに戻る